前へ
次へ

言葉に触れてみてから中国語の学習を始める

中国語を学習したいと考えるとすぐに単語を覚えたり、教室などに通ってしまう人が多くいますが、まずは中国語に慣れることから始めなくてはなりません。勉強をすることによって慣れることができるのではないかと考えますがそうではありません。まずは中国語を聞いてみるようにしましょう。全く理解をすることができなくても問題ありません。初めて中国語を聞いてすぐに理解をすることができる人はいないからです。まずは聞いてみて自分がこの言葉を勉強することができそうなのかしっかりと判断をするようにしましょう。興味を持っている人の場合は問題なく学習を始める傾向がありますが、ほんの少しだけの興味の場合はまず触れてみることによって長く続けることができそうなのか、それとも自分では難しいと考えるのか人によって考えが大きく異なります。言葉を聞いてみる程度の行動の場合は、それほど長い時間がかかりません。また初歩の段階になるので、非常に重要な行動になります。

Page Top