前へ
次へ

中国語学習で覚えるべき単語数はどれくらい

語彙的な言葉とも言われることがあるのが中国語であり、話せるようになるためには語彙のインプット量を増やす学習も必要です。細かい部分まで特有の文法を暗記するのもひとつですが、多方面で活用できるようにするには話せる単語を増やすことが大切になります。世界からも注目されているのが中国語であり、話せるようになるためには語彙のインプット量を増やす学習も必要です。細かい部分まで特有の文法を暗記するのもひとつですが、多方面で活用できるようにするには話せる単語を増やすことが大切になります。学習して覚えるべき単語数はどれくらいかの目安ですが、中国語検定試験の場合であれば準4級でも基礎単語を500は覚える必要があり、3級ならば常用語で1000から2000ほどの単語数です。この数を完璧に全部インプットしないと合格ができないわけではなく、知っていると良いというレベルになります。文字を見ると理解ができるものの、耳から聞くと何を言っているかわからないこともありますので、まずはリスニング力を鍛えて話す力を付けることです。

Page Top